ホーム > Q4.NPO法人になると何かが変わるの?

Q4.NPO法人になると何かが変わるの?

市民活動団体が「法人格」をもった場合できるようになることがいくつかあります。

■「契約の主体」となることができる 団体が活動を続けていく中では、事務所の借用、銀行口座を開設などの契約行為が発生することがあります。法人格を所有していれば団体として契約が可能ですが、任意団体のままでは団体として契約の主体にはなれません。

■社会に認知される 法的に権利や義務がはっきりしますので、社会的な信用を得られやすくなります。ただし、法人化=信用が上がるということではありません。社会的に信用を上げ認知されるには、法人格のあるなしではなくその団体の活動内容に関わってきます。

■信頼性・透明性が増す 法律に則った運営や情報公開が義務づけられていますので、一般的には任意団体に比べて信頼性が増します。同時に義務を果たすことによって透明性も増すことになります。

 

Q1.市民活動って?

Q2.NPOって?

Q3.NPO法人って?

Q4.NPO法人になると何かが変わるの?

Q5.市民活動団体はNPO法人格を取得するべき?

Q6.協働ってどういうこと?

Q7.新しい公共って?

Q8.団体の活動について相談があるのですが…


新着情報

センターからのお知らせ

講座・イベント情報

実施事業報告