ホーム > 新着情報一覧 > 6/23妙高市町内会長会議で

6/23妙高市町内会長会議で

6/23に妙高市の町内会長会議がありました。

今回、2部の勉強会を担当させていただきました。

内容は、急速に進む少子高齢化、人口減少がもたらす影響に地域組織はこれからどう対応していったらいいのかをテーマに当センターが推奨しています「地域の話し合い促進」について、今後の地域づくりの参考にしていただきたく市長や行政職員、町内会長さんたちの前で説明をいたしました。

勉強会を開催するにあたり事前に各町内会長にアンケートを行い、簡単ではありますが各町内会の現状も調査いたしました。

少子高齢化で地域組織の運営に支障をきたしている町内会がたくさんありました。

将来を見据えて、すでに対策をされている町内会もありますが、まだ対策をされていない、どう対策をしていいのかわからない町内会がたくさんある現状を把握することができました。※アンケート結果は何かしらの形で近々公表いたします。

 

予定の持ち時間を大幅に越して説明をし、ちゃんと伝わったかどうか不安ではありますが・・・何かしら印象に残ってくれたら幸いです。

また、すでに話合いをされている2地域より事例発表をしていただきました。

二つの事例に共通しているのは、将来を見据えて、地域住民との話し合いを行い、地域運営組織を見直して、できることから始めていることでした。また、話し合いの場には、女性や若い人たちからも参加してもらい、話しやすい場づくりをされていました。

最後の質疑応答で時間が余ったので、アドリブで町内会長さんたちに「皆さんの地域は女性や若者が話し合いの場に参加できる環境ですか?」と質問をしたが、ほとんどの地域はそういう環境ではなかった。

将来への不安もあるかもしれませんが、地域全体で希望をもって、取り組む姿勢が大事なのではないかと思いました。

地域づくりの成果は時間がかかると思いますが、これからも地域の課題に柔軟に対応していただき、地域が元気になるように活動をしていっていただきたいと思います。

IMG_0097.JPG