ホーム > 新着情報一覧 > 地域づくりフォーラム「今、求められている 小規模多機能自治を学ぶ」を開催しました

地域づくりフォーラム「今、求められている 小規模多機能自治を学ぶ」を開催しました

11月21日(金)地域づくりフォーラム「今、求められている 小規模多機能自治を学ぶ」を開催いたしました。

講師にIIHOE「人と組織と地球のための国際研究所」代表 川北 秀人さんをお迎えして第一部基調講演「小規模多機能自治とは?」と題しまして小規模多機能自治の考え方や基礎知識など他地域での事例や妙高市のデータを用いてわかり易く説明していただけました。第二部は、妙高市内で活動している自治組織2団体の事例発表を基にトークセッションを行いました。

当日は、妙高市内の自治組織の皆さん、NPO、行政関係者など約60名の参加があり、遠くは茨城県取手市の市議会議員さんからも参加していただきました。

 

川北さんのお話の中に、まちの力は関係密度がつくる! 人口密度より、人「交」密度が大事とお話しされました。当たり前のことかもしれませんが、人と人との関係は大事であり、お互いに助け合う、お互いに協力し合うことで信頼関係が生まれることで大きな力になると思いました。
 

地域づくり、地域活性を行ううえで自治体にはたくさんの小さな課題から大きな課題などがあると思います。また市街地、中山間地など環境が違えば抱える課題も変わってきます。

直ぐに解決できるものではないと実感します。

しかし、これから自治組織が課題を解決していくうえで、こういう考え方があることを何かしらの気づきとして参加された皆さんが感じて「小さなことからできること」を実践してくれたら幸いです。

DSC02678.JPG

DSC02665.JPG

DSC02718.JPG

新着情報

センターからのお知らせ

講座・イベント情報

実施事業報告