ホーム > ボランティア活動をするときのマナー

ボランティア活動をするときのマナー

<ボランティア活動とは>

  1. まずはあいさつと自己紹介をしよう!
    少し勇気を出して、自分のことを覚えてもらいましょう。
     
  2. 笑顔を忘れないで!
    あなたの笑顔は活動をスムーズにします。
     
  3. ボランティア同士のおしゃべりはやめよう!
    ボランティア同士のおしゃべりより、活動相手の方と交流しましょう。
     
  4. 約束ごとや決まりは必ず守りましょう!
    約束や決まりを守ることで互いに気持ちよく活動ができます。
     
  5. 困ったことがあったら遠慮しないで相談しよう!
    いつまでも悩んでいないでまわりの人に相談しましょう。
     
  6. どんなに小さなことでも、責任をもって真剣に取りくもう!
    自分で決めた活動だから、責任を持ちましょう。遅刻や欠席するときは必ず事前に連絡をしましょう。
     
  7. 感謝の気持ちとお礼の言葉を忘れずに
    ボランティア活動は、多くの人がかかわってできるものです。そのことを忘れないようにしましょう。

 そしてもうひとつ、活動中のあなたや他の人を守ってくれる、ボランティア活動保険というものがあります。

<ボランティア活動保険に加入しましょう!>

 「ボランティア活動に行く途中に道でころんでケガをした」「ボランティア活動中に相手にケガをさせてしまった。」など、ボランティア活動には予想もしないケガや事故がつきものです。そんな時のためにボランティア活動保険に加入しましょう。
 保険の手続きは妙高市社会福祉協議会が窓口になっています。

新着情報

センターからのお知らせ

講座・イベント情報

実施事業報告