ホーム > 妙高市地域の元気づくり活動補助金

妙高市地域の元気づくり活動補助金

(平成30年度)

平成30年度 妙高市地域の元気づくり活動助成事業

 妙高市地域の元気づくり活動助成事業は、地域団体や市民活動団体等が自らの創意工夫により地域の活性化や地域課題の解決に取り組む、自主的かつ自発的なまちづくり活動へのチャレンジを支援する制度です。
 今年度は、下記の3つの補助金制度があります。

  • 小さな成功体験事業 (単年度補助)
  • 地域のやる気事業(複数年度補助
  • Myoko夢チャレンジ事業(学生まちづくり活動補助金:単年度補助)

 


【小さな成功体験事業(単年度補助)・地域のやる気事業(複数年度補助)】制度について

1.補助対象団体

補助対象団体は、構成員が5人以上の次の団体です。

(1) 市内を活動拠点としている市民活動団体
(2) 市内を活動拠点としている特定非営利活動法人
(3) 大字、町内会等の地域自治組織

2.補助対象となる事業

補助対象事業は、次の事業です。
(1) 市民や地域が抱える課題を解決するための事業
(2) 地域コミュニティの活性化を図るための事業
(3) 地域の特色を活かし、その魅力を高めるための事業
(4) 前3号の事業を実施するための計画策定
(5) その他補助することが適当と認められる事業
※団体がこれまでに行ってきたまちづくり活動(事業)を発展・拡大する場合、1事業につき1度(3年間)に限り地域のやる気事業の対象となります。
ただし、過去に当補助金を活用したことがある事業については、最終採択年度から2年以上が経過していることが条件となります。
※申請は1団体1事業となります。

3.補助対象経費

補助対象となる事業を実施するために直接必要な経費です。
※申請事業が採択された場合、事業報告時に補助対象事業費の領収書またはレシートを提出していただきます。支出された際には必ず、支出した内容が分かる領収書またはレシートをもらい、事業報告時まで保管してください。
補助対象外経費(自己資金分)の領収書またはレシートも提出していただく場合があります。

4.補助対象事業に含まれない経費

団体が自ら負担すべき経費は対象となりません。
(1) 地域の集会施設、団体の事務所等の維持管理に係る経費
(2) 団体の構成員に対する人件費、謝礼又は飲食費
(3) 補助金の交付決定日以前に支出した経費
(4) 団体の経常的な活動に伴う経費
(5) その他補助対象とすることが適当でないと判断される経費

5.補助金の種類及び補助金額等

小さな成功体験事業(単年度補助)

 団体のチャレンジ的・試行的な短期間の取り組みに対して、1回(単年度)を限度に補助するもの。

  • 補助限度額 10万円
  • 補助率:総事業費の80%

地域のやる気事業(複数年度補助)

 団体の中長期的計画に基づく新たな活動の立ち上がり時の取り組みや、既存事業を拡大する取り組みに対して、それぞれ3年度(原則継続)を限度に補助するもの。

  • 事業1年目 補助限度額 30万円
  • 事業2年目、3年目 補助限度額 100万円
  • 補助率:総事業費の80%

※自己資金の準備について
 本助成事業は、申請額に対して100%の補助金交付を約束する事業ではありません。補助金は交付決定後に交付決定額の9割以内、事業終了後に残額を支払います。

6.申請手続きについて

■申請期間
 平成30年4月2日(月)~4月20日(金)午後5時必着

※小さな成功体験事業は予算の範囲内で12月14日(金)まで随時、申請を受付けます。ただし、補助金交付額が予算額に達した時点で終了となります。


■提出書類

(1) 平成30年度妙高市地域の元気づくり活動補助金交付申請書(別記様式第1号)
(2) 事業計画書(別記様式第2号)
(3) 収支予算書(別記様式第3号)
(4) 団体に関する調書(別記様式第4号)
(5) 参考資料(団体の目的を記載した設立趣意書、定款、会則、活動状況が確認できる会報等)任意様式
(6) ※補足説明資料(次の内容を必ず明記すること。)任意様式(A4用紙2枚以内)

  • 1.現在の課題・問題点
  • 2.上記(1)を解決するための方法、事業の目的・目標
  • 3.事業を実施することで期待できる成果(数値を示せるものは数値目標を明示してください。)


【募集要項・申請用紙の配布】
募集要項・申請用紙は、以下のいずれかの方法により入手できます。

○ 妙高市市民活動支援センター・妙高市役所1階総合案内・各支所で配布
○ 市のホームページからダウンロード
 http://www.city.myoko.niigata.jp/hojyokin/600.html
 

 


【Myoko夢チャレンジ事業(学生まちづくり活動補助金:単年度補助)】制度について

1.対象者

  • 高校生以上の学生が対象です。
  • 個人、グループのどちらでも利用できます。
  • 市内の学校に在学する学生に限定していないので、市外の学生も対象となります。
※ここでいう学生とは?
学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する高等学校、中等教育学校(後期課程)、大学、高等専門学校及び専修学校に在学する学生の方です。

2.補助対象となる事業

学生が主体となって企画し、妙高市内で取り組む事業で、地域の活性化や地域の魅力を高める事業や、まちづくりに貢献する事業を対象とします。
例えば・・・

・異文化交流イベントの開催
・地元PRポスターの製作
・地域商店と連携したご当地グルメの開発
・地域の団体やNPOと連携して行う地域資源マップの作成
・観光アプリの開発企画の提案
・地域や防災士と連携した、防災マップの作成
・地域住民とのまちづくりについての話し合いの場づくり
・若者の交流の場づくり

3.補助対象外経費

対象活動期間内に行われる事業に、直接必要と認められる経費です。
ただし、次の経費は対象外とします。
 (1) 参加者が負担することが妥当であると考えられる経費(弁当代・テキスト代など)
 (2) 事業に直接使用した額を確認することが難しい経費(メール代、電話代)
 (3) 領収書がない経費
 (4) 備品購入費
 (5) 審査前に支払った経費
 (6) 飲食代

4.補助金額

1事業あたりの補助金の上限は5万円です。
5万円以内であれば自己負担なし。5万円を超える場合は超えた分は自己負担となります。
 
※申請を予定している場合は、必ず事前に妙高市市民活動支援センターへご連絡いただくとともに、事前に申請内容の確認を受けてください。
 (要電話予約)市民活動支援センター電話 0255-73-7808

5.申請手続きについて

■申請期間
 平成30年12月14日(金)まで


■提出書類

(1) 平成30年度妙高市地域の元気づくり活動補助金交付申請書(別記様式第1号)
(2) 事業計画書(別記様式第2号)
(3) 収支予算書(別記様式第3号)
(4) 個人・グループに関する調書(個人の場合は必要事項のみ記載)(別記様式第4号)
(5) 参考資料(事業全体のイメージ図等)任意様式


【募集要項・申請用紙の配布】
募集要項・申請用紙は、以下のいずれかの方法により入手できます。

○ 妙高市市民活動支援センター・妙高市役所1階総合案内・各支所で配布
○ 市のホームページからダウンロード
 http://www.city.myoko.niigata.jp/hojyokin/600.html
 


【提出先】

<直接提出する場合>
○  妙高市市民活動支援センター(妙高市勤労者研修センター内)

 〒944-0046 妙高市上町9-3
 電話:0255-73-7808 FAX:0255-73―7230

<郵送で提出する場合>
封筒に「地域の元気づくり活動補助金交付申請書在中」と明記してください。
・提出された書類はお返しできませんので、提出前に必ずコピーを取ってください。
・封筒に「地域の元気づくり活動補助金交付申請書在中」と明記してください。
・提出する前に、申請書類の内容を「申請書類提出前のチェックリスト」で確認してください。

説明会の開催

妙高市地域の元気づくり活動助成事業に関する説明会を、随時、市民活動支援センターでご説明します。(要予約)